第1条(規約の目的)

Art Technologies株式会社(以下、「当社」といいます。)が定める利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ユーザーが、以下の条件に従い、本サービスを利用することについて定めるものとし、ユーザーと当社との間における本サービスの利用における一切の関係に適用されます。

第2条(定義)

  1. 「本件作品」とは、当社が所有又はレンタル業務の委託を受けている美術品、絵画、彫刻等のアート作品をいいます。
  2. 「本サービス」とは、当社が管理・運営する、本件作品の売買、レンタルサービス及びサブスクリプション契約を締結するためのオンライン申込サービスをいいます。
  3. 「ユーザー」とは、本サービスを利用するため、会員登録された方をいいます。
  4. 「登録情報」とは、ユーザーが会員登録時に登録した情報、本サービス利用中に当社が登録を求めた情報及びこれらの情報について、追加、変更等が行われた場合の情報をいいます。
  5. 「アカウント」とは、ユーザーID、パスワードその他本サービスを利用するために必要な情報をいいます。

第3条(適用)

  1. オンライン上の本サービスは、本規約の内容について承諾したユーザーに限り、利用することができます。
  2. ユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約の内容に同意したものとみなされます。
  3. 本サービスの利用地域は、日本国内に限定します。ただし、当社は、海外に居住する利用者からの本サービス利用を承認する場合があります。
  4. 本サービスは、本規約のほか、他の規約や個別の契約書(以下「個別契約書等」といいます。)において、各サービス内容について別途定めている場合があり、本規約に定める内容と個別契約書等に定める内容が重複する場合、個別契約書等が優先して適用されるものとします。

第4条(登録)

  1. ユーザーとして本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」といいます。)は、当社の定める登録情報を当社に提供することにより、本サービスを利用することができる会員登録の申請をすることができます。
  2. 会員登録の申請は、原則として、代理人による登録申請は認められません。
  3. 当社は、登録情報の内容に基づき審査を行い、登録を認める場合には希望者に通知し、当該通知をもって会員登録は完了したものとします。

第5条(登録の拒否)

  1. 登録希望者が、前条の登録をするに当たり、次の各号に該当する場合には、当社は登録を拒否する場合があります。
    1. 登録情報等に虚偽がある場合
    2. 他者の名義による登録申込である場合
    3. 登録希望者が、未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、登録が法定代理人によって行われておらず、または申し込みの際に法定代理人、保佐人もしくは補助人の同意を得ていなかったとき。
    4. 過去に本規約等に違反した者による登録申込である場合
    5. 過去に当社への料金等を滞納している者による登録申込である場合
    6. 過去に当社に損害を与えたり、不利益をもたらしたりした者による登録申込である場合
    7. その他、本サービスの登録申込として不適切な場合
  2. 登録希望者は、第1項各号の事項などについて、当社より回答を求められた場合、誠実に対応のうえ、回答するものとします。

第6条(本サービスの申込)

  1. ユーザーは、アカウントでログインすることにより、商品カテゴリーより本件作品を選択するなどの手続を行うことができます。
  2. 会員登録未了の利用希望者は、商品カテゴリーより商品を選択し、カートに入れた後、登録情報(お名前、ご住所、電話番号、Eメールアドレスなど)の入力を行うことにより、会員登録及び手続を行うことができます。
  3. ユーザーが、第1項および第2項の手続を完了した場合、本サービスの利用申込があったものとします。
  4. 当社は、第1項、第2項の入力された登録情報等の内容に基づき、申込の承認手続を行います。

第7条(契約承認の審査)

  1. 当社は、ユーザーより前条3項の申込がなされた場合、必要な範囲において、審査を行うことができます。
  2. 利用者は、前項の審査に関し、当社より協力を求められた場合、誠実に対応するものとします。

第8条(契約の成立)

当社とユーザーとの間における本サービス利用に伴う契約(以下「本契約」といいます。)の成立は、本サービスの内容に鑑みて、個別契約書等によって定めるものとし、具体的な契約内容についても同様とします。

第9条(撤回・解除)

当社は、ユーザーによる本契約の申込後または本契約の成立後、本契約に関する撤回・解除等について、受け付けないものとします。

第10条(登録情報又は必要事項等変更の届出)

  1. ユーザーは、当社に届け出た登録情報等の内容に変更が生じた場合、当社に対し、直ちに、変更の旨を届け出るものとします。
  2. ユーザーが、前項の届出を怠った場合、ユーザーが不利益を被ったとしても、当社は責任を負いません。
  3. ユーザーが第1項の届出を怠った場合、当社から、ユーザーへの通知等が到達しない場合であっても、通常到達すべきときに、通知等が到達したものとみなします。

第11条(アカウントの管理)

  1. ユーザーは、アカウントを自己の責任において管理するものとします。当社は、アカウントに関する使用上の誤り又は第三者による不正使用等により損害が生じた場合、その理由の如何を問わず責任を負わないものとします。
  2. ユーザーは、他者による本サービスの利用を防止するため、次の各号の項目を遵守しなければなりません。
    1. 他者にパスワードを教えないこと、また、他者から指定されたパスワードに変更しないこと
    2. 他者に自分の会員IDを使用させないこと
    3. 他者に推測されないパスワードとすること
    4. 定期的(3か月に1回以上)にパスワードを変更すること
    5. 他者が使用する可能性のあるパーソナルコンピュータから本サービスを利用する場合は、利用が終わり、他者がパーソナルコンピュータを使用する前に、必ずログアウトしてインターネットブラウザを終了させること
    6. 本サービスを利用する携帯電話機および当該携帯電話機のICカードの無断使用、紛失、盗難等が生じないように責任を持って管理すること
    7. 本サービスを利用する携帯電話機を他者に使用させたり、譲渡、売買、貸与、質入等をしないこと
    8. 他者にパスワードを盗用されたことが判明した場合、または他者にパスワードを盗用された疑いのあることが起きた場合、当社になるべく早く報告すること
  3. 本サービスを利用するユーザーは、アカウントについて、第三者への使用許諾、譲渡、貸与又は担保提供する等の行為をすることができません。
  4. アカウントを用いて行われた行為は、ユーザー本人の行為とみなされ、ユーザーは係る行為の結果について責任を負うものとします。

第12条(禁止行為)

当社は、ユーザーに対し、本サービスの利用にあたり、次の各号に定める行為を禁止します。
  1. 法律、法令、条例及び公序良俗等に反する行為、又はその恐れのある行為
  2. 本サービスの運営を妨害する行為、又は運営に支障をきたす行為
  3. 当社、他のユーザー及び第三者の権利、利益及び名誉等を損ねる行為又はその恐れのある行為
  4. 他人になりすまして取引を行う行為
  5. 購入する意思なく本件作品の注文を行う行為
  6. 当社が規定する各種規約等に違反する行為
  7. その他、当社が不適切と判断する行為

第13条(責任の範囲)

  1. 当社は、本サービスの内容等について、完全性、確実性等いかなる保証も行いません。
  2. 当社は、本サービスの遅滞、変更、中止、停止等、本サービスを通じた登録、提供される情報の流失又は消失等、本サービスに関連して発生したユーザーの損害について、一切の責任を負いません。
  3. 当社は、天災・システムトラブルその他の不可抗力により、ユーザーに損害が生じた場合、一切責任を負いません。
  4. 当社は、ユーザーが、本規約に違反し又は不正行為により当社に対し損害を与えた場合、ユーザーに対し、損害賠償を請求できるものとします。
  5. ユーザーは、本サービスの利用により第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任でこれを解決し、当社に対しいかなる責任も負担させないものとします。

第14条(解除)

  1. 当社は、ユーザーが、以下の各号に該当する場合には、事前に通知又は催告することなく、利用者の本サービスの利用を一時的に停止し、または本契約を解除することができます。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. 本規約に定める会員資格・利用資格がないことが判明した場合、本規約の定める規約における会員資格・利用資格を喪失した場合
    3. 第8条第1項各号に定めるいずれかの事由に該当することが判明した場合
    4. 当社、ユーザーその他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
    5. 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合
    6. 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    7. 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けたとき
    8. 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
    9. 租税公課の滞納処分を受けた場合
    10. 死亡した場合又は後見開始、保佐開始若しくは補助開始の審判を受けた場合
    11. その他、当社が、本サービスの利用を行うことが困難であると判断した場合
  2. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切責任を負いません。

第15条(反社会的勢力の排除)

  1. 甲及び乙は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約する。
    1. 自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下、総称して「反社会的勢力」といいます。)ではないこと。
    2. 反社会的勢力と次の関係を有していないこと。
      1. 自らもしくは第三者の不正の利益を図る目的、又は第三者に損害を与える目的をもって反社会的勢力を利用していると認められる関係
      2. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど反社会的勢力の維持、運営に協力し、又は関与している関係
    3. 自らの役員(取締役、執行役、執行役員、監査役、相談役、会長その他、名称の如何を問わず、経営に実質的に関与している者をいう。)が反社会的勢力ではないこと、及び反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと
    4. 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本契約を締結するものでないこと
    5. 自ら又は第三者を利用して本契約に関して次の行為をしないこと
      1. 暴力的な要求行為
      2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
      3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
      4. 風説を流布し、偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
      5. その他前各号に準ずる行為
  2. 甲又は乙の一方について、次のいずれかに該当した場合には、その相手方は、何らの催告を要せずして、本契約を解除することができる。
    1. 前項(1)ないし(4)の確約が虚偽であったことが判明した場合
    2. 自ら又は第三者を利用して前項(5)各号のいずれかの行為をした場合
  3. 前項の規定により本契約が解除された場合には、解除された者は、その相手方に対し、相手方の被った損害を賠償するものとする。
  4. 第2項の規定により本契約が解除された場合には、解除された者は、解除により自己に生じる損害について、その相手方に対し一切の請求を行わないものとする。

第16条(不当行為等の排除)

当社は、ユーザー又は反社会的勢力等からの不当行為等による被害を受けた場合、速やかに通報もしくは被害届の提出を警察署に対して行うものとします。

第17条(本サービスの変更)

当社は、ユーザーに何ら通知等することなく、本サービスの全部又は一部を変更することができるものとします。

第18条(本サービスの中止・停止等)

  1. 当社は、次の各号いずれかの事由が生じた場合、本サービスの全部又は一部の中止・提供を停止することなどができるものとします。
    1. 本サービスを提供するシステムの保守点検等の作業を行う場合
    2. 本サービスを提供するシステムに故障等が生じた場合
    3. 天災事変、その他不可抗力により本サービスの提供が困難な場合
    4. ユーザーが、第5条第1項各号に該当する行為を行ったことが判明した場合
    5. その他、本サービスの提供が困難であることにつき相当な理由がある場合
  2. 当社は、次の各号いずれかの事由が生じた場合、何らの責任を負うことなく、本サービスの全部または一部を廃止することができるものとします。
    1. 本サービスを提供するために必要な当社の設備、機器、システム等の全部または一部が滅失または復旧困難な程度に破損した場合
    2. 第1号の他、当社が営業上または技術上やむを得ないと判断した場合

第19条(個人情報の取扱い)

当社は、ユーザーの個人情報について、当社の個人情報保護指針に基づき取り扱います。また、当社の個人情報保護指針の他、ユーザーの許可なくユーザーの個人情報を第三者に提供することはありません。

第20条(準拠法)

本規約の準拠法は、日本法とします。

第21条(合意管轄)

本規約に関する訴訟については、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

第22条(規約の改訂)

  1. 当社は、本規約について社会情勢等の変化に対応し、当社の合理的な裁量により、いつでもユーザーに許可なく本規約を改訂できるものとします。
  2. 本規約の改訂は、当社ホームページ上に告知した時点で効力を生ずるものとします。
  3. ユーザーは、前項の告知後、本サービスを利用した場合、又は前項の告知後1週間以内に何らの異議を申し出なかった場合、本規約の改訂に同意したものとみなします。